Skip to content

エストロゲンのはたらき

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれます。

女性ホルモンは女性らしい体を作ったり、排卵をコントロールしたりするホルモンです。

エストロゲンが減少すると生理が定期的に来なくなったり骨が弱くなる、いわゆる骨粗鬆症になりやすくなるので女性ホルモンのバランスを整えることは重要です。

特に生理不順は若年性更年期障害にもつながりやすく注意すべき点です。

また乳腺や子宮などの女性器官への作用を強く持つホルモンです。

細菌から守ったり妊娠しやすくする作用もあります。

その他は子宮の内膜を着床に向けて増殖させる、排卵を促す、膣粘膜の萎縮を防ぐ、コレステロール調節機能があり不足してくるとコレステロールが増える、骨の形成促進ホルモンの分泌を高めるなどの働きがあります。

エストロゲンは、月経終盤から排卵日頃までに多く分泌されます。

更年期の時期も終わって月経の機能が完全になくなるとエストロゲンの分泌もなくなることになります。

更年期前にこれが不足してくると様々な問題が出てきます。

更年期は一般的に45歳~55歳の10年間前後と言われています。

もちろん個人差はありますが、40歳前に更年期のような症状が現れると女性の体のいろいろな面で支障を来たしてきます。

閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。

それに伴って卵巣機能の低下、汗をかきやすい、体や顔がほてる、イライラなどの自律神経バランスの不調、頭痛、めまいなどが現れ、ひどい人だと日常生活にも支障を来たしてしまいます。

更年期障害の状態というのは卵巣が十分に機能している状態の時は卵巣から脳へエストロゲンの信号が送られ、その信号を受けた脳は卵の発育を促す卵胞刺激ホルモンや排卵を促す黄体刺激ホルモンの信号を卵巣へ送るという卵巣と脳の間でホルモンのキャッチボールが行われています。

しかし卵巣の機能が低下してくると、エストロゲンの量が減少するため、その信号を受け取った脳はより大量の卵胞刺激ホルモンや黄体刺激ホルモンを出そうとし、ホルモンのキャッチボールはうまくいかなくなります。

このホルモンバランスの崩れが、更年期症状の原因と考えられています。

エストロゲンをもっと知りたいならこちら

Categories: .